過剰な自己アピールってどうなんでしょう????

こんばんは!
今回は自分を過剰にアピールすることの危険さについてです。
ちなみにこのポストは、この前参加したインターンシップで会った、謙虚ながらスゴい人達を考えた末の結論です。
突然ですが、みなさんの周りに最初のインパクトは強くて、「スゴい」と感じたけれど、時間が経つに連れて、「あれ?」と思えてきた人はいませんか。
おそらくその人は過度な自己アピールによって損をしている人でしょう。そしれ、その人は自分の事を本当に、秀でているナンバーワンの人物だと思っているかもしれません。
スゴい→あれ?のこのタイプとスゴい→スゴいの人との大きな違いは何でしょうか?
それは、慢心です。
慢心はその人を勘違いさせ、自分が一番であるかのように思わせます。
では、それを変えるものはなんでしょう?
それは知ることだと思います。
自分よりもスゴい人がいること、自分とは違ったスゴさを持っている人がいることを知ることで、良い意味で「自分なんか」と思える人を知ることですね。
それで謙虚さを手に入れるのです!
しかしながら、そのような人に会える機会は多いとはいえません。
少ない機会で得た、「自分は自分が思うほどスゴくない」、「自分はいつも完璧なはずがない」、「自分の考えにはいつも誤りがあるという情報を大切にすることが必要なんだと思います。
僕はまだまだ慢心だらけで、自分でそれを分かっていながらも、なかなか修正できないのです。。。。
難しい!!

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す