ヒゲ剃りでニキビや肌荒れになる原因とは?繰り返すニキビや吹き出物を改善する方法!

ヒゲ剃りをするたびにニキビや吹き出物に刃が当たってつい削ってしまったり、という具合に痛い思いをしていませんか?

なぜニキビや吹き出物を繰り返してしまうのでしょうか?

もしかしたら、ヒゲ剃りのやり方が悪いなど何か原因があってニキビを繰り返してしまうのではないでしょうか?

ヒゲ剃りで起こる肌トラブルの原因や改善方法について解説します。

ダメなヒゲソリのせいでニキビや吹き出物に!

髭剃り,肌荒れ
ヒゲ剃りはT字のカミソリを使っている人が多いですね。

使用後はきちんときれいに洗っていますか?

肌トラブルに大きく関係があるのが、カミソリ本体の汚れなんです。

カミソリを汚れたままにしておくと、雑菌が残ったままになってしまいます。

剃る前にきれいに水洗いしても雑菌は取り切れずに肌に移り、ニキビや吹き出物ができる原因になってしまいます。

このくらいでいいだろうとこまめに洗ってない人のカミソリは便器よりも菌があるそうです。

そんな汚れたカミソリを顔にあてると思うとゾッとしますよね。

ヒゲ剃りによるニキビや吹き出物を予防するためにも、カミソリはきちんと洗って清潔な状態にしておきましょう。

【カミソリのお手入れ方法】

  • 流水で刃の間を洗い流す
  • 刃の間に詰まりものが無い様にする
  • 余分な水を振り落とし、乾燥させる

ご使用後は水できれいに洗い流し、布などでふかずに水切りをし、浴室など湿気のある場所はさけ、なるべく乾燥した場所で保管していただければ長持ちします。参考:貝印

ヒゲソリするたびに角質層が傷つく

ヒゲ剃りをした後に肌がピリピリしたり赤くなったりすることはありませんか?

それはヒゲを剃るのと一緒に肌の角質層も削りとるからです。

角質層が削りとられることで肌のバリア機能が弱くなり、肌トラブルが起こりやすい状態になります。

ヒゲ剃りでの肌ダメージや角質層の傷を少しでも少なくするにはカミソリではなく電気シェーバーの方がおすすめです。

長年カミソリを使っていて今さら電気シェーバーには変えられないという人は刃の枚数が多い(5枚刃がおすすめ)ものを選んで使いましょう。

多枚刃は肌にかかる圧力が分散され肌ダメージが少なくなりますよ。

肌が乾燥し皮脂の分泌が増えてしまう

ヒゲ剃りで肌の表面を削りとってしまうと水分保持量が下がってしまい肌が乾燥してしまいます。

乾燥肌になると体は肌を守ろうとして皮脂を分泌して油分量を増やします。

過剰な油分はニビキに栄養をあたえて繁殖させてしまいます。

ヒゲ剃りで肌を乾燥させないように気を付けることが大切ですね。

ヒゲ剃りでニキビの予防や改善するには?

ヒゲ剃りが原因のニキビを作らないためには、肌を傷つけずに剃るというのが重要ポイントです。

【肌を傷つけないヒゲ剃りのポイント】

  • 電気シェーバーを使う
  • 刃を清潔にしておく
  • シェービング剤の選び方
  • 肌の保湿

T字のカミソリより電気シェーバーの方が肌に直接刃が触れないので、肌の傷ができにくいです。

T字カミソリでも電気シェーバーでも刃のお手入れは大切です。切れ味が悪いとつい無理やり押し付けたりしてしまい、肌を傷つけてしまいます。

特にカミソリの刃は清潔にして、定期的に取り替えるようにしましょう。

【刃の取り替え時期】

  • T字カミソリ・・・2週間おき
  • 電気シェーバー・・・内刃→2年に1回、外刃→1年に1回

ヒゲを剃る時にシェービングフォームを使っているという人も多いでしょう。肌に傷をつけにくくしたいなら、滑りの良いジェルタイプがおすすめです。

ヒゲが剛毛で硬いという人は毛を柔らかくした方が剃りやすいのでフォームタイプがいいです。何も塗らなかったり石鹸は肌の傷や乾燥の原因になるので、面倒でも何か塗ってから剃るようにしましょう。

ヒゲ剃りの後は肌の水分量が減るので保湿をしっかりしましょう。化粧水→乳液というのが一般的ですが、2つ使うのが面倒という人はオールインワンタイプのものと使うといいですよ。

毛嚢炎の可能性

ニキビだと思っていた吹き出物が実は毛嚢炎ということがあります。見た目はニキビにそっくりなので間違いやすいですが、原因菌がブドウ球菌です。切れ味の悪い刃を使っていたり、不衛生な刃を使っている時に起こる症状です。

刃は常に清潔に保つようにしましょう。

カミソリやシェーバーは常に清潔を保つ

シェーバー
カミソリやシェーバーが不潔な状態だと、余分に皮膚を削りとって乾燥肌になりニキビができる原因になったり、傷からブドウ球菌がはいりこんで炎症をおこす毛嚢炎になる可能性があります。

肌に直接触れるものだからこそ、いつも清潔な状態で使いたいですね。

【シェーバーのお手入れ方法と注意点】

  • ヒゲ剃りの前に刃を消毒剤(エタノールなど)で拭く
  • ヒゲ剃りが終わったら水洗いする
  • 細かい部分はブラシで洗う
  • 風通しのよいところで乾燥させる
  • 浴室(湿気の多い場所)に置きっぱなしにしない


ヒゲ剃り前後の保湿でニキビ改善

ヒゲ剃りは肌を傷つけてしまうので、ヒゲ剃り後だけでなくヒゲ剃り前も保湿が大切です。ヒゲ剃り前にきちんと保湿をすることで、肌の乾燥を防ぐすることができニキビ予防になります。

ヒゲ剃り前は、シェービングフォームやジェルでヒゲを柔らかくします。ヒゲ剃り後は、アフターシェービングローションや乳液、クリームなどでしっかりと保湿して適度な油分を補いましょう。

ヒゲ剃りの頻度を少なくして改善

ヒゲ剃りによる肌荒れやニキビ、吹き出物とを防ぐのに一番いいのは、ヒゲ剃りの回数を減らすことです。でも余程ヒゲが薄い人でなければ、毎日のヒゲ剃りは欠かせません。

営業職の人でヒゲが濃い人は、朝剃っても昼にまた剃らないといけないという人もいますね。1度のヒゲ剃りでも肌の負担になっているのに2度3度となるとその分負担は増えてしまいます。

ヒゲ剃りの頻度を少しでも少なくする方法ってあるのでしょうか。

みんなのヒゲ剃りの頻度は?

毎朝1回のヒゲ剃りが定番ですが他の人はどのくらいの頻度なのでしょうか。

    【ひげ剃り頻度】

  1. 70%・・・1日に1回
  2. 27%・・・2日に1回以下
  3. 3%・・・・1日に2回以上
  4. ※20~40代男性

1日に1回という人が70%で断トツ多いですね。

ヒゲ剃りは男性の習慣であり職業柄きちんとヒゲ剃りをすることも大事です。

2日に1回以下というヒゲ剃りがあまりしなくて済む人もいますね。もともと毛が濃くない人もいますし、すでにメンズ脱毛でヒゲを薄くした人もいるでしょう。

1日に2回以上となるとかなり大変ですよね。

ひとそれぞれヒゲ剃り事情はいろいろですが、7割以上の人が毎日ヒゲ剃りをしていますね。

ヒゲ剃りの頻度を少なくするにはどうする?

ヒゲ脱毛
「朝剃ったのにもう生えている」とか「なんとかして髭剃りの回数を減らしたい」と思っている人も多いのではないのでしょうか。ひげ剃りをすることで肌が荒れて困るという人もいますね。

少しでもヒゲ剃りの回数を減らすことができるヒントを紹介します。

  • 朝起きてすぐにヒゲ剃りをしない
  • ストレスをためない
  • イソフラボンを摂る
  • ヒゲ脱毛をする

ヒゲが一番伸びる時間帯は朝起きてから3時間つまり6:00~10:00と言われているのでできれば昼くらいに剃るのがベストなんです。でも社会人ではそれはなかなか難しいのが現実です。

ストレスが溜まるとヒゲが伸びるのに影響がある男性ホルモンが過剰分泌されています。ストレスをためないようにしたいものですね。

ヒゲの成長を抑制する効果があるものに大豆に含まれるイソフラボンがあります。イソフラボンは肌にもよいのでぜひ摂るようにしたいですね。

おすすめはヒゲ脱毛です。ヒゲ脱毛は時間と費用はかかりますが、一生ヒゲ剃りを続けることを考えると決して高い買い物ではないと思います。

ヒゲ脱毛がニキビ改善につながる

ヒゲ剃りをすることで肌に傷がつきそこから雑菌がはいりこみ、ニキビや肌荒れになることがあります。ニキビは治したいけれど毎日のヒゲ剃りはやめられないのでなかなか改善するのが難しいです。

ヒゲ脱毛をすると徐々にヒゲ剃りの回数も減ってきます。最終的にはヒゲ剃りの必要がなくなりニキビもできなくなります。また脱毛することでヒゲが生えてこないので、毛穴が引き締まって小さくなり肌もきれいになります。

ヒゲ剃りをするたびに、ヒリヒリしたり赤くなったり、ニキビを繰り返している人はヒゲ脱毛に通うというのも肌荒れ改善にとっては良いことですね。

⇒ヒゲ脱毛おすすめランキング

ヒゲソリ負けできる赤いブツブツはにきび?

ヒゲ剃りは男性ならほとんどの人が毎日している作業ですね。ヒゲ剃りはどんな方法でしていますか?カミソリで剃っているという人が大半ではないでしょうか。

そんなヒゲ剃りをしたあと、ニキビのような赤いブツブツができたという経験がある人も多いかと思います。実はこれは、ニキビではなくて「毛嚢炎(もうのうえん)」という毛穴の炎症である可能性があります。 「ヒゲソリ負けできる赤いブツブツはにきび?」の続きを読む…