自己処理後ニキビや炎症?

kenuki1ヒゲを毛抜きなどで自己処理をしていると、いつもは出来ないのに
ニキビが出現することがあります。

ニキビができるような年齢でもないのに・・・と思っている人は
実はその毛抜きが原因であることが多いのです。

毛抜きでヒゲをぬくと毛穴が一時的に開いた状態になり、そこから
雑菌などが入り、炎症を起こしてしまいます。
これがニキビの原因になります。

ニキビならまだいいのですが、さらにひどくしてしまうと傷口も広がってしまい皮膚科での
処置が必要となります。
抗菌薬抗生物質などで治療しますが、治療の間はヒゲを剃るのも一苦労です。

    毛抜きを使う時の注意点

  • 毛抜きをいつも消毒する
  • 抜く前の肌は清潔にする
  • 毛抜きでの処理の頻度を今よりもおさえる

毛抜きでの自己処理はどうしても肌や毛根にダメージを与えやすいので、避けたほうが
いいでしょう。

しっかりと毛根から抜くことができれば、確かにしばらく生えてくるのに時間がかかるので
一見楽になった気がします。

しかし実は後で肌ケアが大変になりがちです。
せめて、カミソリか電気シェーバーで処置をする方法に変えたほうがいいですね。

脱毛のプロに任せまてみましょう
ヒゲソリが面倒くさいとか肌が弱いという人は、医療クリニックや
脱毛専用サロンでプロにお願いする方がいいですね。
肌の調子に合わせて施術してくれるので安全で安心です。

ニキビは、跡として残ってしまうこともあるので、なるべく作らないようにしたいですね。
カミソリでヒゲソリする場合でも、肌を温めて行うだけでも肌荒れがかなりしにくくなるので
是非試してみてくださいね。