ヒゲとメラニン色素の関係

kenuki2メラニン色素というのは、紫外線をあびた時に肌を
守ろうとして黒くなるという、いわば防衛のための
物質
です。

紫外線にあたればあたるほど、メラニン色素の働きも
活発になっていきます。
肌を守ろうという反応なんです。

メラニン色素の働きはまだほかにもあります。
毛穴に刺激を与えるとメラニン色素は「肌を守らなくては!」とまた活発に動き出します。
その例が毛抜きでヒゲを抜くことです。

    毛穴の黒ずみを防ぐ方法

  • 毛抜きでの処理をやめる
  • 毛抜きの頻度を下げる
  • 抜いた後はしっかり保湿
  • 肌状態を整え新陳代謝を活発にする
  • メラニン色素の排出を促す

毛抜き後の処理が雑であるために、肌の炎症やニキビを引き起こしてしまう例は
後を絶ちません。

毛抜きなどで毛をぬくと、毛穴に刺激を感じメラニン色素たちは大慌てで仕事を始めてしまいます。
つまり、毛穴にあまり刺激を与えないようにうまく抜かないと、色素沈着という形で毛穴付近が
黒くなってしまいます。

毛抜き処理の色素沈着は副作用の一つです
ヒゲを毛抜きで抜くことで起こる色素沈着は、定期的にヒゲを
抜いている人の多くに見られるもっともポピュラーな副作用です。

長い時間かけて色素沈着していくので、回復までにとっても
時間がかかります

忙しい社会人の男性に、日々化粧水などで保湿するのは難しいかもしれないですが、肌のことを
きちんと考えている男性はみんな意外とちゃんとお手入れを欠かしていません。