ひげ脱毛の痛みは?かなり痛い?

datumou4ヒゲは1本1本が太く、カミソリなどで毎日手入れしていると
肌の表面も一緒に削られてしまいます。

肌の弱い人にとっては本当に、切実な問題です。

旅先で粗悪なカミソリで血だらけになってしまったなんて
笑えない話よくあるんですよね。

痛みについては、毛抜きで抜いたことのある人は想像がつくと
思いますが、ひげ脱毛はそこまでとはいかないとはいえ、それなりに痛みがあります。

脱毛方法は3種類あって痛いと感じる順に並べてみました。

  • 1.針脱毛(電気脱毛、ニードル脱毛)
  • 2.レーザー脱毛
  • 3.光脱毛(フラッシュ脱毛)

針脱毛が3種類のなかでは一番痛いと感じているようです。
でも痛さは人それぞれ感じ方があるので一概には言えないかも知れません。

毎日ヒゲ剃りのたびに肌荒れしたり、毎朝の貴重な時間を髭剃りに割く時間を考えると
濃すぎて困っている人はぜひとも脱毛を考えるべきですね。

実際の痛みはどんな感じなのか?
針脱毛が一番痛い!と言っても耐えられない痛みではありません
耐えられない痛みなら誰もしないと思うからです。
実際に脱毛している人がいるという事は大丈夫なんですよ。

  • 針脱毛(電気脱毛、ニードル脱毛)
  • 麻酔を使うと大丈夫ですが、麻酔は別料金であることもあります。
    麻酔なしでの痛みは毛抜きで抜く痛みと同じくらいだと思っていいです。
    できるだけ、麻酔を用いての施術をおすすめします。

  • レーザー脱毛
  • ゴムをはじいた程度です。
    痛みに弱い人はゴムを50cm伸ばしてはじいた程度や、毛抜きで抜いた時の2倍の痛さなど、
    いろいろな説が飛び交っています。

    毛抜きで抜いていて慣れている人は結構へっちゃらですが、そうでない人は、痛く感じるかも
    知れませんね。

  • 光脱毛(フラッシュ脱毛)
  • レーザー脱毛より、ほんの少し痛みが軽減します。
    出力をさげてもらうように依頼すれば大丈夫かもしれないですね。
    施術後に冷却ジェルでしっかり冷やせば、大丈夫という人は多いです。

3種類、どの方法にしても痛いんですね。
痛みに弱い!という自覚のある人は、麻酔をつかえるところで脱毛したほうがよいですね。