電気シェーバー

hige1一般的なひげそり方法は、大きく分けると2種類あります。

どちらのひげそりがお好み?

  • ウェットシェービング
  • ドライシェービング

基本的なウェットシェービングは、ヒゲを剃る前に水やお湯で
肌を濡らして水分を与えヒゲをやわらかくした状態T字カミソリを使って剃ることです。

ドライシェービングは、肌が乾燥したままで、電気シェーバーを使って剃ります。

ドライシェービングのメリット

  • 手軽にできるから便利
  • 朝の忙しい時間に手早く剃れる

ドライシェービングのデメリット

  • ウエットシェービングに比べて深剃りしにくい
  • 仕上がりが肌のスベスベ感に劣る

最新の電気シェーバー深剃りタイプもあります。
またシェービング・フォームを使って、濡らして剃る防水機能つきもあるほどです。

使用後も充電器に刺すだけで、アルコール消毒してくれるような機能もあり、
いつも清潔な状態で使る電気シェーバーもあります。

家電の進化は目覚ましいので、今後もどんどん便利な機能が追加されたシェーバー
登場するでしょう。

日本人の約半数がドライシェービング
実は日本人の約半数がドライシェービングをしているのです!

日本人は西洋人に比べてヒゲの量が少ない傾向なので、
電気シェーバーでも剃りやすいのが理由です。

しかし、朝は、時間がないので、簡単にひげそりを済まして
しまいたいというのが本当の理由かもしれません。

どうしても、ウエットシェービングは、手間や時間がかかるので
面倒に感じてしまうのが本音ですよね。

私の父はとてもヒゲが濃いほうでした。
おかげで私が小さい頃から毎朝、電気シェーバーの音が響いていたのを思いだします。

髭の濃い父親は、結構な時間を費やしていたので、子供ながらに毎朝大変だなぁ~なんて
思ったりしていました。

父親は朝しっかり家で剃っても、更に会社でも昼休みなどに剃っていたのです。
会社用に電気シェーバーを持っていてデスクの引出しに入れていました。

どうしてもヒゲが伸びていると無精ひげのようで、清潔感に欠けてしまいますね。
ヒゲの濃い人にとっては、これ、深刻な問題なんですよね。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す