ひげの脱毛方法の種類

hige3_1ひげの脱毛は大きく分けて3種類の脱毛方法があります。

これ以外に、市販や通販などで手に入る家庭用脱毛器
自分で処理する方法がありますが、家庭用は出力が
かなり弱くなるので、あまり効果は期待できません

やはり、以下の3種類の方法のいずれかの方法で
ひげを脱毛していくというのが一般的です。

  • 針脱毛(電気脱毛・ニードル脱毛)
  • レーザー脱毛
  • 光脱毛(フラッシュ脱毛)

顔はどうしてもデリケートな部分なので、痛みもそれなりにあるのは仕方ありません
痛みに弱いという人は医療機関(皮膚科など)での脱毛であれば、麻酔も使って
もらえるので、検討してみるのもいいですね。

3種類ある脱毛方法を体験などでそれぞれ試してみてから決めるのもいいですね。

施術方法別の特徴
3種類ある脱毛方法もそれぞれ一長一短です。
メリットもあればデメリットもあります。
それを踏まえてどの施術方法を選択するのか決めるといいですね。

  • 針脱毛(電気脱毛・ニードル脱毛)
  • ・ヒゲの1本1本に電流を流し、根元から根絶する。
    効果は永久的にある。
    痛みが結構あるので覚悟が必要。
    ・麻酔が使える医療機関での施術が望ましい。

  • レーザー脱毛
  • ・広範囲に照射することが可能なので、時間は短時間で済む
    ・痛みは輪ゴムで肌をはじいたような感じ。
    効果は永久ではないので、最後に残ってしまった毛を針脱毛で処理するなどで脱毛していくのがおすすめ。

  • 光脱毛(フラッシュ脱毛)
  • 安価でできるのが魅力。
    ・初めての人には手軽でよい。
    ・あまりにも剛毛の人には向いていない

とにかく痛いのは苦手!という人は針脱毛はおすすめできません。
でも回数を重ねていくうちに慣れてきたという人もいます。
何よりも永久脱毛できるのですから、その後のひげそりの煩わしさに比べたらちょっと我慢してみても価値はありますね。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す