ひげそり負けしない方法

hige8毎日のひげそりが面倒に思ってる男性は
多いことでしょう。
でも、剃らない訳にはいかないというのが
現実ですね。

ひげも濃い人と薄い人がいて、濃い人は朝一に
きちんと剃っていても夕方にはちょっとクマっぽい
感じに変身してしまう人もいます。

でも会社でカミソリでひげそりをすることもできないので、会社には電気シェーバーを
置いていて昼休みなどにこっそりシェービイングなんて人もいます。

女性も日に何度か化粧直しをしなければいけないことを考えると男女とも結構大変なんです。
ただひげが伸びているとちょっと不潔に見えたりするのでやっぱりそこは男性の方が
ちょっと部が悪いようなきがします。

肌にやさしいひげそりの心がけ

  • ひげをしっかり軟化させる
  • ※蒸しタオルやお湯でゆっくりひげを柔らかくしましょう。
     シェービングローションなどでひげを軟化させるのもいいですね。

  • 肌を乾燥させない日頃の肌ケアが大切
  • 皮脂を取り過ぎる洗顔フォームなどで洗いすぎない
  • ひげそりに負けない肌をつくる
  • ※食生活を見直しビタミンをしっかり摂りましょう

  • 逆剃りはしない
  • カミソリを強く押さえつけない
  • ひげそり後はしっかり肌ケアをする

しかし、毎日肌にカミソリの刃をあてて削るわけですから肌に良いわけはありません。
乾燥肌の人や、皮膚が弱い人は当然ひげそり負けをしてしまいます。

ひげそりにもちょっとした心がけが必要なんですね。

ひげそり後の顔パンパンはNGです
自分は脂肌だからといってゴシゴシと洗顔する人もいます。

またヒゲ剃り後にさっぱりするからとスッキリするアルコール系が
入ったローションなどで顔をパンパン叩く人もいます。
これはあまりおすすめできません。

さっぱりするのは皮脂をとりすぎていることも多いのです。
つまりその後、肌が乾燥状態になってしまうということです。

またカミソリで刺激を受けた肌をパンパン叩くのは余計に刺激を与えてしまうのでできれば
しない方がいいですね。
保湿液や乳液などを肌に染み込ませるようにヒタヒタと押さえるといいですね。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す