メンズエステサロンa4ヒゲ減毛できる?

hige3ヒゲは脱毛ではなく、減毛という施術法もあります。
脱毛というと完全に抜いてしまってツルツルにすること
を言います。

減毛はその名の通り、毛を残しながら全体的に
毛が薄くなった、毛量が減った」という印象を与える
ものです。抑毛とも言いますね。

    ヒゲ減毛の施術の流れ

  • 毛根に対して抑毛成分を穏やかに浸透させる
  • 徐々に毛を減らしていく
  • 毛の成長スピードを遅くする

減毛を得意とするサロンとそうでもないサロンがありますが、メンズエステサロンa4は
減毛の方法にも定評
があります。

お気に入りのヒゲは剃りたくないけど、少し減らして軽くしたヒゲを楽しみたい人にとって
安心ですね

減毛に適した人は?
減毛は「脱毛」ではないので、減ったか?と思ってもいつかは
生えてきてしまいます。

それほどヒゲが濃くなくて困っているということもないけれど
ちょっとでも減らせたらいいなあと考えている人なら、減毛という
選択も十分に「あり」ですね。

簡単なヒゲ減毛なら、自宅で行うヒゲ減毛方法ならかなり格安で行えますね!

プレミアムアフターシェイブローションとは

ヒゲと男性ホルモンの密接な関係

odoroku1ヒゲが生えるのは、男性ホルモンと密接な関係があります。
女性にも鼻の下に産毛の濃いものが生えることがありますが
これも男性ホルモンの働きによるものなのですね。

男性のヒゲは、男性ホルモンの分泌が増えればよく生えてくる
ということがわかりましたが、では具体的にはどのような時に
濃くなるのでしょうか。

    ヒゲが濃くなる時はどんな時?

  • 第二次成長が始まるとヒゲの生える勢いが高まる
  • 学業や仕事などで大きなストレスを受け体内で防衛反応が働いた時

ヒゲは、危機を感じると身体を守ろうとするんですね。
本当に人間の体はすごいです。

ヒゲはやっぱり男性の象徴と言えます。
なのでボーボーと生やしっぱなしにしたり、無精ひげなどはあまり格好いいものではありませんね。

ヒゲはストレスが大敵
ヒゲの濃さは遺伝なども大いに関係しますが、ストレスのない生活
を送ることで、ヒゲを必要以上に濃くせずに済むということ
なんですね。

思い当たるふしのある人はあまり、無理のない生活を送るように
心がけましょう。

最近は男性ほどではありませんがヒゲが目立つ女性も多くなったそうです。
女性が社会進出して、男性と同じように働くようになったためストレスなどが多くなった
せいでしょうか。

ヒゲとメラニン色素の関係

kenuki2メラニン色素というのは、紫外線をあびた時に肌を
守ろうとして黒くなるという、いわば防衛のための
物質
です。

紫外線にあたればあたるほど、メラニン色素の働きも
活発になっていきます。
肌を守ろうという反応なんです。

メラニン色素の働きはまだほかにもあります。
毛穴に刺激を与えるとメラニン色素は「肌を守らなくては!」とまた活発に動き出します。
その例が毛抜きでヒゲを抜くことです。

    毛穴の黒ずみを防ぐ方法

  • 毛抜きでの処理をやめる
  • 毛抜きの頻度を下げる
  • 抜いた後はしっかり保湿
  • 肌状態を整え新陳代謝を活発にする
  • メラニン色素の排出を促す

毛抜き後の処理が雑であるために、肌の炎症やニキビを引き起こしてしまう例は
後を絶ちません。

毛抜きなどで毛をぬくと、毛穴に刺激を感じメラニン色素たちは大慌てで仕事を始めてしまいます。
つまり、毛穴にあまり刺激を与えないようにうまく抜かないと、色素沈着という形で毛穴付近が
黒くなってしまいます。

毛抜き処理の色素沈着は副作用の一つです
ヒゲを毛抜きで抜くことで起こる色素沈着は、定期的にヒゲを
抜いている人の多くに見られるもっともポピュラーな副作用です。

長い時間かけて色素沈着していくので、回復までにとっても
時間がかかります

忙しい社会人の男性に、日々化粧水などで保湿するのは難しいかもしれないですが、肌のことを
きちんと考えている男性はみんな意外とちゃんとお手入れを欠かしていません。

ヒゲを実際に脱毛した人の感想

hige11_1実際にヒゲを脱毛したことがある人は、
どんな感想を持っているのでしょうか。

痛みに関しては、人それぞれ感じ方があります。

男性は女性に比べて痛みに弱いと言われますね。
女性ならこのくらい何ともないと思う感じでも
痛い!と思う人もいます。

そんな男性がひげ脱毛をした人の感想です。

  • 肌がきれいになった
  • 脱毛後の肌がきれいになった
  • そんなに言うほど痛くなかった
  • 鼻下の脱毛はやっぱり痛い
  • 仕上がりは満足

エステサロンで脱毛を行った人は、「男がエステなんて・・」と何かと気恥ずかしい思い
ありながらの施術だったようです。
スタッフがみな女性ということもあるのでしょうね。

今はメンズ専用サロンもあって、受付から施術まで全部男性スタッフというサロンもあります。

痛さを選ぶのか!仕上がり具合を選ぶのか!
痛さを重視するなら針脱毛はおすすめできません。
でも仕上がりや永久という点を重視するなら針脱毛が
おすすめです。

レーザー脱毛はヒゲのある一帯に全体的に照射をするので、機械がうまくすべてのヒゲに
反応すればよいのですが同じようにあてても全く反応しないヒゲもあります。

脱毛の途中経過にムラがでてしまうので、気になる人はマスクを着用しながらの脱毛となる
場合もあります。

この点では、針脱毛は施術者がバランスを見ながら一本ずつ施術するので、ムラのない仕上がり
顧客満足度を高めています。

光脱毛は、その効果から考えると、ヒゲを脱毛するというよりは、ヒゲを薄くしたいな
くらいの考えて通うとちょうどいいのかもしれませんね。