ひげそり負け対策

ヒゲの永久脱毛男性の肌は実は女性の肌より乾燥しています。
毎朝のひげそりで肌はかなり敏感になっています。

女性もたまに顔剃りなどをしますが、した後はかなりパサついた
感じになります。

なのに男性は毎日、肌にカミソリの刃を当てて削っています。
正しいやり方でしていても、これがどれだけ肌に負担をかけて
いるのかは想像できます。

効果的なひげそり負け対策

  • 顔を蒸しタオルで蒸す
  • ※理容院でひげそりをする時にがまず石鹸をつけてから蒸しタオルを使います。
     これはひげを軟化させるためなんです。

  • 32度のお湯で洗顔する
  • ※洗浄力の強い洗顔フォームなどでごしごし洗わないようにしましょう。
     皮脂が余分にとれて乾燥状態になってしまいます。

  • カミソリの動かし方に注意する
  • ※手でひげを触ってザラッとしていない方向つまりスムースに感じる方向に刀を
     動かしましょう。
     逆剃りはNGです。

  • ひげそり後は乳液やクリームを使う
  • ※スッキリ系のローションは刺激が強いのでおすすめできません。

冬の湿度の低さも重なれば、肌は極度の乾燥状態になってしまいます。
そんなカサカサ状態の肌にカミソリの刃でひげそりをすればひげそり負けをしてしまうのは
仕方のないことかも知れませんね。

ちょっとしたひと手間でかみそり負けを防ぐことができますね。

福山雅治もやってる洗顔方法
美肌で有名なアーティストの福山雅治さんは「お湯だけ洗顔
をしているそうです。

やり方は洗顔時に使用する洗顔料を全く使わず、湯船のお湯だけで
洗顔
するというものです。
皮脂汚れを落とすお湯の温度は34℃以上なので湯船のお湯で
十分なのです。

朝の洗顔は、寒い冬の朝はついお湯の温度を高く設定してしまいがちです。
熱いお湯ですすぐと、肌の保湿成分や細胞間脂質まで流れてしまい、
余計に乾燥が進んでしまうのです。

夜外から帰った時は、皮脂や汗に加えてほこりなどの汚れが付いているのでしっかり洗顔します。
しかし朝は夜寝ている時に出た皮脂くらいです。
なので朝は洗顔フォームなどで洗う必要はないのです
乾燥によるかみそり負けを防ぐには皮脂を余分に取り過ぎないことですね。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す