30代男性のヒゲ事情とは?バリバリ働くためにもヒゲ脱毛は必要

ヒゲ脱毛に通う年代で一番多いのが30代です。その中でも1、2を争うほど多い職種が営業マンです。

営業マンは基本お客様と接する機会が多いので、身だしなみがかなり大事なポイントですね。

そのほか冠婚葬祭や、子供ができるなど人生においても転機の年齢なので、それを機にヒゲ脱毛をしようと思っている人が多いんです。

WS000023

30代になると男性はヒゲが濃くなっていきます。それは男性ホルモンが関係しています。男性ホルモンは一般的に20~40代まで増加し続ける傾向があります。ピークを迎える40代のころが1番ヒゲが濃くなります。

男性ホルモンが増えると、今まで閉じていた毛穴からも毛が生えたりすることもあるので、ヒゲの密度が上がって濃くなった感じになります。なので30代になるにつれて青ヒゲの男性が増えるわけです。

また30代は結婚したり子供が生まれたりする時期でもあります。もし20代で結婚した人なら30代は子供が物心つく年齢になってきます。そんな時、ヒゲが多いとお友達のお父さんと比べたりしてどう思うでしょうか。

ヒゲが多いだけで老けて見られたりします。授業参観などに出席した時に、若くかっこいいお父さんにやっぱり見られたいですよね。また若く見えるお父さんは子供の自慢にもなります。

30~40代は一番バリバリと働く年齢なので、20代とは違って多少なりとも金銭的余裕もできてきます。趣味に使うのもいいですが、その一部をヒゲ脱毛にあてて、見た目もすっきり若々しくなってより一層人生を楽しむというのもいいですね。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください